Be=ART 存在していることがすでに表現                                                ART(表現)によって あらわになった ひとりひとりがもっている無二の輝きは       ささやかでも確かな 生きるよろこび 存在するよろこびを                              誰かに伝え この世界を照らしていきます  ART=Be Be=ART


「ばーと◎とやま」は県内の障害者の芸術文化活動を支援するために、富山県からの委託を受け、アートNPO工房ココペリが担当し運営しているサポート事業の拠点です。

 

「工房ココペリ」では高岡市からの魅力発信を旨とした所属作家の活動サポートや展覧会などに取り組んでいます。

「ばーと◎とやま」は県全域を対象として、誰もがアートを通して社会参加でき、豊かな生活にを送ることにつながるよう、「相談」「人材育成」「芸術環境、創作活動のサポート」「発表の機会」「アーカイブ」「交流」などをテーマに様々な取り組みを行っています。


今回の「誰でも創作体験」は   環水公園で!

workshop guide
workshop guide

※暑さ対策・飲み物を各自ご用意の上ご参加ください。

誰でも創作体験!イロドリアソビ

 

カラーシールやカラーセロファンを自由に切って貼って天門橋をカラフルな「イロドリの川」にします。そして窓にはカラフルな「イロドリの空」を!とっても簡単、そして自由! ハンディキャップのある方も遠慮なく参加ください。

 

日時 7月31日(土)10:00~16:00

場所 環水公園 天門橋

 

事前申込者によるワークショップ

10:00~12:00

自由体験時間

13:00~16:00

 

参加者募集!

参加者氏名、連絡先を記入して左記から申し込みください。

ワークショップの申し込み先は 

 ばーと◎とやま

 beart.toymama@gmail.com 

 HPお問い合わせページからも申し込みできます

 tel:070-2643- 0796


ワークショップ講師 ばーと◎とやま代表 米田昌功(ビエンナーレTOYAMA出品作家)


誰でも創作体験! イロドリトンネル

 

樹木の間にロープを張り、蜘蛛の巣状にします。そして、色々な色の布をたらして、色々な色が響き合う、色彩のトンネルを作りましょう!それはみんなで作る、どこにもない不思議な花や植物の森。ここを訪れた人、野鳥たち、そして樹木や公園を元気にします。

 

日時 8月9日(月・祝振)10:00~12:00

場所 環水公園パーク前

 

・予約なしで誰でも自由に参加し、体験できます。

・活動時間帯に、活動場所へ来て、希望する時間だけ参加してください。

・参加者は、安全のために、講師の指示にしたがって活動してください


講師 岡部俊彦 ビエンナーレTOYAMA出品作家

 

 

1990 第10回ハラアニュアル(原美術館) 

1999 THE ARK (ICC東京オペラシティ) 

2004  Hi-energy-field展(KPOキリンプラザ大阪他  大阪・東京)

2006 越後妻有トリエンナーレ(農舞台)                      

2021 岡部俊彦 奇想天外・岡部館 -無無殻層輪帯超螺旋神

              (松村外次郎記念庄川美術館)

 

 

 



感謝です。おかげさまで盛況のうちに終了しました!入場者数6598名でした。

障害がある人の作品には、商品として流通されるものから、技巧的に高い作品。あるいは決まり事にとらわれない自由な作品、誰にも知られずひっそりと表現されるものまで、様々なものがあります。中でも、独特の感性や尋常でないこだわりが作り出す独特な表現、「生(き)の表現」 (Art‣brut)とも呼ばれる作品には、これまでの「人」あるいは「美術」への概念を変えるようなエネルギーや魅力が感じられ、現代の美術として受け入れられるようになりました。これらは、人にとって表現することが衣食住と同じくらい大事なことであること。ひとりひとりそれぞれの美の形が無数にあること。人と人のつながりによって隠れた作品が発見され発信されることなど、当たり前ながらも忘れがちな大切な事柄をあらためて教えてくれます。

これらの表現や支援活動は、障がいがある人の社会参加の取り組みとも連動して、福祉やアートを越えたこれまでにない動きとなって地域社会に根ざし始めています。

 本展では、富山を含む新潟、岐阜、石川、福井、愛知、長野、滋賀、奈良の9県から、自宅など、作者の生活の場が創作の場である作品を中心に、「字と線」「記憶と記録」「場所と物」「人と精霊」「行為と癖」「声と音」の6の視点を設け、表現世界を俯瞰しやすい展示を心掛けました。やまなみ工房の展覧会「アートって何なん?    ~やまなみ工房からの返信~」と合わせて、楽しんでいただければ幸いです。


私たちがまだ赤ちゃんの頃にはじめて書いた線、落書きがどんなものだったかおぼえていますか?今ではそれを思い出すことはできませんが、その時の世界が広がった感覚は体の中にしっかりと残っているはずです。

表現は1本の線からはじまり、色や形をもち、音や気持ちとつながって、言葉や文字と同じように、また一つとなって、思い出をとどめ、人と人を結び、物を作り、目に見えないものの姿を表わし、美をつくり・・・様々なものを生み出す力となってきました。 

まさに人が表現することが存在意義であるかのようです。 

私たちがこれまで支援してきた障害のある人の表現は、上のようなことに触れさせてくれる原初的な魅力に満ちています。本展ではこれまでの取組みで築いたネットワークを生かし、

富山、石川、新潟、福井、岐阜、長野、愛知、滋賀、奈良の9県から表現が作者の家庭などでの生活の中から生まれ出ている作品を中心に集めた、ありのままで個性的な表現を紹介します。そして、それらに6つの視点を設け、より親しみをもてるような構成を心がけました。本展の題名の通り、表現することで存在すること、誰もが表現者であることと、アートの可能性を感じることができれば幸いです

                                             富山県美術館所蔵「l'ART BRUT 1」                     

 

 また富山県美術館が所蔵するアール・ブリュット協会発行の「 L’ART BRUT」を展示し、障がいのある人のアートのルーツについて考える貴重な機会を頂きました。


Cotae特設shopopen!福光美術館で販売!完売です!


 

 

笑顔で協力して、お互いにこの状況をのりきっていきましょう!

 

今年度の活動です!




発掘調査


県内在住の独創的な(またはよくわからない)表現を行っている人を調査します。情報をアーカイブして、それぞれの作家活動や文化事業に役立てます。

【発掘のための作品展】作品を自由に持ち込んでもらい、独特の表現を探し、発表の機会を作る企画です。参加型の発掘イベントと言えます。

人材育成


研修会を実施します。

 

研修テーマ

・芸術文化活動の支援方法

・発表活動の進め方

・支援に関する実践報告

・著作権等の権利保護

他に、障害者と健常者がともに取り組むワークショップ・講演など

ネットワーク・交流


様々な人が作品や作家、支援活動に関われるような環境作りに取り組みます。同様に、美術、音楽、パフォーマンスなどの各芸術分野との交流、情報交換を続けていきます。

 

・イベントボランティア募集

・アーティスト・ボランティア募集



展覧会・魅力発信!


呉東、呉西の美術館や観光資源を舞台に年に2度の参加型展覧会、発表会、シンポジウム、上映会などを開催します。

 展覧会では県内だけでなく、東海北陸を中心に多様な表現をどんどん紹介していきます。


相  談


障害者の表現活動全般についての相談を受け付けます。その内容は、・支援方法、環境整備、作品の販売、発表、保管等  に関してのアドバイス・権利保護に関するアドバイス・関係機関の紹介・情報収集・発信の方法などです。

相談は電話 (070-2643-0796) か、このHPの問い合わせページからどうぞ

 

 

啓  蒙


Be=ARTをテーマに、とやまのアール・ブリュット、文化芸術活動の紹介、県民の生き方を豊かにする情報を掲載する冊子を発行します。

 




 

         障害のあるなしに関係なく 誰もが芸術文化、表現活動に自然に取り組むことができる環境作りを目指します


ばーと◎とやまについて

【支援センター開設時間
 火~金 9:30-17:00

     (月土日祝日は閉所)

相談窓口開設時間
 火~金 10:00-17:00

     (月土日祝日は閉所)